田無神社~緑に囲まれた、鎌倉時代創建の歴史ある神社に参拝~【日本の街・田無市(東京)】

  • 2020/7/10
  • 田無神社~緑に囲まれた、鎌倉時代創建の歴史ある神社に参拝~【日本の街・田無市(東京)】 はコメントを受け付けていません。

▼田無神社

  ~緑に囲まれた、鎌倉時代創建の歴史ある神社に参拝~【日本の街・田無市(東京)】

▼外観写真

・撮影日:2019年05月14日

▼内観写真

・撮影日:2019年05月14日

 

▼建物・史跡情報

 

場所 田無神社
住所 東京都西東京市田無町3-7-4
電話番号 042-461-4442
定休日 無し
営業時間 参拝:24時間可
予約など
料金 無料
席数
駐車場
開店日 鎌倉時代後期の正応年間(1288年 – 1293年)
ウェブサイト http://tanashijinja.or.jp/

▼地図とアクセス

▼謂れ

WKIより

田無神社の創建は、鎌倉時代後期の正応年間(1288年 – 1293年)と伝わり、同社は田無北部の谷戸の宮山に鎮座し、尉殿大権現(じょうどのだいごんげん)と呼ばれ、龍神を祭神としていた。

江戸時代初期、徳川家康が江戸幕府を開くにあたり、城や町の建造のために大量の石灰を必要とした。家康は、石灰を青梅の地に求め、青梅街道を開いたが、その際、肥沃な谷戸の住人が南の青梅街道沿いに移住し、宿場町・田無を造営した。この動きの中で、1622年(元和8年)、宮山に鎮座する尉殿大権現が上保谷に分祀され、1646年(正保3年)、宮山から田無(現在地)に分祀され、1670年(寛文10年)、宮山に残っていた尉殿大権現の本宮が田無に遷された。

1872年(明治5年)、尉殿大権現は熊野神社、八幡神社を合祀、田無神社と社名を改めた。その際、主祭神・大国主命と須佐之男命、猿田彦命、八街比古命、八街比売命、日本武尊命、大鳥大神、応神天皇をも祀り、現在に至っている。

▼御朱印

■訪問日:

▼訪問履歴

■訪問日:2019年05月14日

2020年5月14日に訪問しました。

西武新宿線、田無駅から徒歩7-8分程度の場所にあります。

重厚感のある立派な神社です。創建は鎌倉時代と言われています。

森に囲まれた静かな雰囲気は、境内に入ると妙に心が落ち着きます。

田無神社には五行思想に基づいて五龍神がお祀りされています。

中心の本殿に金龍神、東方を青龍神、南方を赤龍神、西方を白龍神、北方を黒龍神が御守護されています

そして境内にある大きな銀杏の木は、龍神様の御神木として立派なたたずまいを見ることができます。

方位除けの祈祷を受けることができます。

じっくり境内を散策しつつ、産廃をさせていただきました。

最後に御朱印を拝受し、境内を後にします。

 

もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

訪れた都道府県

45 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!