【奈良】唐招提寺~5月の新緑の季節に古都を散策~

  • 2015/5/9
  • 【奈良】唐招提寺~5月の新緑の季節に古都を散策~ はコメントを受け付けていません。

■唐招提寺を訪れる

・唐招提寺は、私の中では、教科書の世界です。
・このお寺は、ホームページによると

唐招提寺は、南都六宗の一つである律宗の総本山です。
多くの苦難の末、来日をはたされた鑑真大和上は、東大寺で5年を過ごした後、新田部(にたべ)親王の旧宅地(現在の奈良市五条町)を下賜されて、天平宝字3年(759)に戒律を学ぶ人たちのための修行の道場を開きました。
「唐律招提」と名付けられ鑑真和上の私寺として始まった当初は、講堂や新田部親王の旧宅を改造した経蔵、宝蔵などがあるだけでした。
金堂は8世紀後半、鑑真和上の弟子の一人であった如宝の尽力により、完成したといわれます。
現在では、奈良時代建立の金堂、講堂が天平の息吹を伝える、貴重な伽藍となっています。

南大門を入ります。
2015-05-09 10.46.00_R 2015-05-09 10.46.12_R 2015-05-09 10.47.06_R 2015-05-09 10.47.39_R

・金堂

2015-05-09 10.48.04_R 2015-05-09 10.48.19_R 2015-05-09 10.52.47_R 2015-05-09 10.56.16_R 2015-05-09 10.56.31_R 2015-05-09 11.07.17_R 2015-05-09 11.10.11_R 2015-05-09 11.11.12_R 2015-05-09 11.12.21_R 2015-05-09 11.12.42_R

鑑真和上御廟

・門を入って目の前に広がる光景にただ、息をのむ。
・一面を覆う苔
・静寂さのなか、見上げた時に見える新緑のもみじ
・静寂な空間に、心あらわれます

2015-05-09 11.12.46_R 2015-05-09 11.13.03_R 2015-05-09 11.13.40_R 2015-05-09 11.13.51_R 2015-05-09 11.14.25_R 2015-05-09 11.14.32_R 2015-05-09 11.15.00_R 2015-05-09 11.15.06_R 2015-05-09 11.15.24_R 2015-05-09 11.20.27_R 2015-05-09 11.21.49_R 2015-05-09 11.29.33_R

 

■最後に

・静寂に包まれた空間を体でいっぱいに感じつつ、一方で、歴史の教科書の世界に今立っていることに感動を覚えました。
・歴史の重みを肌で感じつつ、お寺の由来や、空気感を感じながら、過ごす時間は筆舌に尽くしがたいものがあります。

もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

訪れた都道府県

45 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!