大正寺~常行院、布多天神社近くにある、趣のある雰囲気が美しいお寺~【日本の街・調布市(東京)】

  • 2021/5/3
  • 大正寺~常行院、布多天神社近くにある、趣のある雰囲気が美しいお寺~【日本の街・調布市(東京)】 はコメントを受け付けていません

◆大正寺

~常行院、布多天神社近くにある、趣のある雰囲気が美しいお寺~【日本の街・調布市(東京)】

外観写真

・撮影日:2021/03/26

▼内観写真

・撮影日:

 

 

 

▼建物・史跡情報

場所 大正寺
住所 東京都調布市調布ヶ丘1-22-1
電話番号 042-482-2370
定休日
営業時間
予約など
料金
席数
駐車場
創建年 大正4年
ウェブサイト

▼地図とアクセス

 

▼謂れ

調布市HPより

大正4年に上布田の栄法寺、小島の不動院、下布田の宝性寺の三寺を合併、創建時の年号から大正寺と称しました。本堂と山門(文政10年・1827)は旧栄法寺(現大正寺墓地)を移築。境内には旧三寺から移された老樹や庚申塔、地蔵尊等の石仏や、当寺の由来を記した「三寺の碑」記念碑があります。
布田郷学校は明治4年3月、栄法寺で開校されました。郷学校は江戸時代から明治初めの青少年の教育機関で、関東では数校といわれ、特色ある学校でした。学校跡の石碑は大正寺墓地入口右にあります。

▼御朱印

■訪問日:

▼訪問履歴

■訪問日:2021年03月26日

2021年3月26日に訪問しました。

調布市、布多天神社の近くに有るお寺です。

甲州街道に面しています。

もともと3津あったお寺が一つになってできたお寺だそうです。

山門は非常に綺麗で、桜の花と青空と素晴らしいコントラストを示してます。

桜を見上げながら写真を撮影しました。

この日は境内の散策はしておりません。

境内も3寺の統合により持ち寄られたものが安置されているようです。

統合してからの歴史は新しいようですが、それぞれのお寺の歴史から考えると長い歴史を

持つのだろうと推測できます。

お地蔵さんも外周に安置され、掃除をする姿や本を読む姿に愛嬌を感じます。

時間が有る際にはゆっくり散策をしてみたいものです。

▼最後に

桜とのコントラストが非常にきれいでした。

もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

訪れた都道府県

46 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!