烏森神社~サラリーマンの街の新橋に鎮座する1000年の歴史を持つ神社に参拝~【日本の街・港区(東京)】

  • 2020/7/11
  • 烏森神社~サラリーマンの街の新橋に鎮座する1000年の歴史を持つ神社に参拝~【日本の街・港区(東京)】 はコメントを受け付けていません。

▼烏森神社

~サラリーマンの街の新橋に鎮座する1000年の歴史を持つ神社に参拝~【日本の街・港区(東京)】

 

▼外観写真

・撮影日:2019年06月05日

▼内観写真

・撮影日:2019年06月05日

 

 

 

▼建物・史跡情報

 

場所 烏森神社
住所 東京都港区新橋2-15-5
電話番号 03-3591-7865
定休日
営業時間
予約など
料金 無料
席数
駐車場 無し
開店日 天慶3年(940年)
ウェブサイト http://karasumorijinja.or.jp/

▼地図とアクセス

 

▼謂れ

WIKIより

社伝によれば、天慶3年(940年)、平将門が乱を起こした時、鎮守府将軍藤原秀郷(俵藤太)が武蔵国のある稲荷神社に戦勝を祈願したところ、白狐が現れて白羽の矢を秀郷に与えた。その矢によって速やかに乱を鎮めることができたので、それに感謝してどこかに稲荷神社を創建しようと考えていた所、秀郷の夢に白狐が現れ、神鳥が群がる場所が霊地であるとお告げした。秀郷が現在地である桜田村の森に来た所、お告げの通り烏が群がっていたので、そこに神社を創建したのが当社の始まりであるという。

江戸時代の稲荷ブームの際には、初午の稲荷祭の賑わいは《江戸で一二を争うものであった》という(境内案内板における山田將夫宮司の説明、1971年)

新橋には他に日比谷神社があり、大祭は日比谷神社と交互に隔年で行われる。当神社の大神輿は1930年に名人・山本正太郎(通称だし鉄)によって作られた巨大なもの。「だし鉄の最高傑作とも言われている」と境内案内チラシにある。

境内に木遣塚あり。また「心願色みくじ」なるものが頒布されている。

▼御朱印

■訪問日:

▼訪問履歴

■訪問日:2019年06月05日

2019年6月5日に訪問しました。

新橋駅日比谷愚痴を出て2-3分で目的地に到着です。

ビルの谷間にある昭和46年に建て替えられた鉄筋コンクリート造の神社です。

しかし歴史は1000年を超えます。

恋愛成就や出世の神様としても知られています。

こちらの神社、御朱印もカラフルで目を引きます。

ゆっくり参拝をさせていただき、最後に御朱印をいただき帰路につきました。

新橋駅すぐにある新旧の融合した感覚が時代の流れを感じさせてくれます。

もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

訪れた都道府県

45 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!