幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと・中山祐次郎~ひょんなことから手に取った1冊、生と死について考える~【書評】

  • 2018/11/28
  • 幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと・中山祐次郎~ひょんなことから手に取った1冊、生と死について考える~【書評】 はコメントを受け付けていません。

▼幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと・中山祐次郎

  ~ひょんなことから手に取った1冊、生と死について考える~【書評】

2015年春のある日の休日、 ジュンク堂書店京都店へ伺いました。

休みの日の書店パトロールは好きです。

新書コーナーで見つけたのがこの本です。

本来なら、私は避けてしまうジャンルの本ですがなぜか気になり・・・

 

 

▼書籍情報

 

書籍名 幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと

若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日

作者名 中山 祐次郎
出版社名 幻冬舎
ジャンル 新書
ISBN 978-4-344-98377-9
定価(税別) 800円
購入日 2017年5月18日
読了日 2018年11月27日
購入先 ジュンク堂書店京都店
個人評価 ★★★★☆
購入はこちら

▼写真

▼書評

人は平均寿命で、自分の人生を計算することが多いです。

かく言う私もその一人でした。

しかし、人は、明日でもなくなるもの、死は隣り合わせにあると実感をさせてくれる一冊です。

この本で著者が伝えたいことは

・幸せに死ぬ

・満足し微笑んで、旅立つ

現実の話として30代でも100人に一人はがんで死んでいます。30台の死因第2位です。

 

本書を読んでいるとマイナスの面ばかりではなく、死に対してプラスで考える、きちんとした考え方、生き方を

もつことの大切さを感じます。

外科の先生だからこそ、多くの人たちの回復と死を日常の中で目の当たりにする、今そこにある現実を伝えてくれています。

話に説得力もありますし、じっくり自分に向き合うきっかけを与えてくれます。

 

人は生きてきたように死んでいく

人生そのものが死の間際、死んだ後にやってくるとでも言えと思います。

昔から、人のために生きた人は、皆から尊敬の念を持たれます。

反対もしかりです。

生き方を自分の人生を、死という現実に向かっている現在も

考えるきっかけを与えてくれた本です。

手元に置いて、読みたいときにまた読もうと思います。

 

※私は特に病気もありませんしいたって元気です。

 

 

▼読んだ本はこちら


もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

訪れた都道府県

45 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!