【読書】最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵

  • 2015/1/4
  • 【読書】最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵 はコメントを受け付けていません。

■最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵 (角川文庫)

■椹野 道流
■KADOKAWA/角川書店 (2014-10-25)
■ISBN:9784041020562
■518円
■購入:2015年1月4日 518円
■読了:2015年1月4日
■★★★☆☆

■MEMO


若手の俳優として活躍していた五十嵐海里は、ねつ造によるスキャンダルで、芸能界を
追放されてしまう。
全国放送で顔が割れているため、記者から逃げるもの大変な状況

すべてを失い、郷里の神戸に戻るが、兄と口論になり家を飛び出してしまう。
そんな海里は、コンビニでひょんなことから暴行を受けてしまう。
そこに通りかかった夏神留二に拾われる。

彼は、夜開店する定食や「ばんめしや」を経営している。
そこで海里は働くことになるが、そこには幽霊がいたり、眼鏡がしゃべったり
人間だけでなく、幽霊もお客さんのちょっと変わったお店。

■写真

2015-01-04 15.05.24

2015-01-04 15.05.33

もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

訪れた都道府県

45 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!