松山空港~愛媛の空の玄関口、松山空港に初訪問~【日本の街・松山市(愛媛)】

愛媛

公開日 2020年6月24日 最終更新日 2020年6月24日

松山空港

~愛媛の空の玄関口、松山空港に初訪問~【日本の街・松山市(愛媛)】

▼外観写真

・撮影日:2019年02月26日

▼内観写真

・撮影日:2019年02月26日

 

 

 

▼建物・史跡情報

 

場所 松山空港
住所 愛媛県松山市南吉田町2731番地
電話番号 089-972-5600
定休日 無休
営業時間 6:00~最終便到着まで
予約など
料金
空港コード MYJ
駐車場 空港駐車場については(一財)空港振興・環境整備支援機構までお問い合わせ下さい。TEL:089-971-5439
開港日 1952年7月
ウェブサイト http://www.matsuyama-airport.co.jp/index.html

▼地図とアクセス

▼概要

WIKIより

松山市中心部の西約6キロメートルの伊予灘に面した海岸線に位置する。空港法に基づく国管理空港で、国土交通大臣が設置管理する。主に国内線、国際線の民間航空に利用されており、中国・四国地方の空港では国内線旅客数は最多である。

前身は、1943年に開設された海軍航空隊の飛行場で、終戦とともに連合国軍が接収。1956年から国内線に利用され、1958年に空港整備法に基づく第二種空港に指定。1995年から国際線の定期便が就航した。

平行誘導路を備えた2,500メートルの滑走路1本のほか、旅客ターミナルビル、エプロン、管制施設などを有する。

航空機の優先進入路は海側に設定されており、半径10キロメートルの航空交通管制圏は、大阪航空局松山空港事務所が管制を行っているが、その上空の高度約4,500メートルまでの空域にはアメリカ海兵隊岩国基地が管理する岩国進入管制区が設けられており、国内の空港(共用空港を除く)では唯一、米軍が航空機の進入管制を行う。

2017年度の年間利用客数は305万4,883人(国際線4万6,656人、国内線300万7,827人)[8]で、着陸回数、利用者数は、日本の空港の中でともに第15位となっている。

▼訪問履歴

■訪問日:2019年02月26日

松山へ出張の際に、伊丹からの往路、伊丹への復路で利用しました。

京都からは、遊びでは来るまで来ることが多いため、飛行機での移動は初めてになります。

かんきつ王国だけあり、みきゃんが出迎えてくれます。

さて、こちらの空港は、水道の蛇口からみかんジュースが出てくるコーナーが有り

ぜひ飲みたいと考えておりましたので、実行できてなんといいますか、子供のように嬉しい。

展望デッキからは、飛行機の離着陸を見たり、駐機場にとまる飛行機を眺めることができます。

伊予鉄を始めお土産屋さんコーナーも充実しており、フードコートも有り、飛行機の時間を

ゆっくりと過ごすことができます。

地方空港をのんびり散策するのは個人的にはすごく好きです。