【映画】言の葉の庭                                     

  • 2013/6/2
  • 【映画】言の葉の庭                                      はコメントを受け付けていません

【映画】言の葉の庭

①監督   新海誠

②キャスト 入野自由、花澤香菜 他
③評価   ★★★★★

④MEMO
「言の葉の庭」映画の題名からも引かれるものがあり、そして新海誠監督の最新作ということもあり、封切りを
待っていました。

舞台の大半は、東京新宿区の「新宿御苑」であろう場所。新宿4丁目の交差点、南口の雰囲気、ドコモタワー
御苑内の日本庭園の雰囲気、京都に来て1年がたつこともあり懐かしく感じながら風景美を追っかけました。

主人公のタカオは、高校1年生、靴職人をめざし、日々アルバイトをしながら制作活動をしている。
空のにおいが感じられる雨の日が好きで、雨に日の午前中は学校に行かず、庭園で一人、靴のデザインを考えている。

ユキノは、雨の日に庭園で出会った素性もわからない謎めいた女性
朝からチョコレートを片手に缶ビール(金麦)を飲んでいる。
27歳の女性の雰囲気と危うげで無邪気な一面をのぞかせる。

声をかけてきたタカオに万葉集の一篇を口にする

「雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」

2人の雨の秘だけの交流が始まる・・・


雨の描き方、映像美、庭の描き方と自然美、新海監督作品は、映像もきれいだ。
1個1個の細かな背景描写が見るものを虜にする。

作品としての内容をグッと楽しみながら、新宿の街の雰囲気を味わい、自然を味わう
ユキノがいつも降りて、電車をやり過ごす駅、総武線だろうから、ユキノは千駄ヶ谷門から日本庭園に向かっているのだなとか、

タカオは、新宿高校の目の前を通って、現在建設中の環状第5の1号線の工事現場を横目に新宿門へ向かっているとか・・・


15歳と27歳の間にある距離が、ある瞬間一気に詰まります・・
何とも切なく、やりきれなく、それぞれの思いが交錯し、タカオが自分の将来への自分の仕事に対する思いを
語る瞬間、それが、はじける瞬間・・

タカオの立ち位置は独特、真ん中じゃない、どちらかといえば端、同年代との一線を画する距離感

将来への考え方

「rain」この歌は1990年前半に大江千里氏のアルバムで私は出会う。
それを、秦基博氏がカバー
自分の深い記憶の中に入り込み、中学生だった自分の詩に関する思いと、今聞いた時の歌に対する思い

この歌は私の好きな歌の一つ、槇原敬之氏もカバーしていますね。


どんどん高度化する世の中、でも人は人だし、物を作り、人を思い、自然とともに共生し、自分の生き方を
考える。

ドコモタワーのてっぺんから、新宿の街を眺めてみたい・・・
雨上がりの後に・・・


返しの詩

雷神の 少し響みて 降らずとも われは留らむ 妹し留めば






もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

訪れた都道府県

46 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

訪れた場所

46 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!