霊源院~梅雨時に満開!甘茶の庭、今川義元にゆかりのある建仁寺の塔頭の特別拝観へ【日本の街・京都市(京都)】

  • 2021/6/5
  • 霊源院~梅雨時に満開!甘茶の庭、今川義元にゆかりのある建仁寺の塔頭の特別拝観へ【日本の街・京都市(京都)】 はコメントを受け付けていません

▼霊源院

~梅雨時に満開!甘茶の庭、今川義元にゆかりのある建仁寺の塔頭の特別拝観へ~【日本の街・京都市(京都)】

▼外観写真

・撮影日:2019/06/09

▼内観写真

・撮影日:2019/06/09

 

 

 

▼建物・史跡情報

場所 霊源院
住所 京都市東山区大和大路四条下ル小松町594
FAX番号 075-277-1118(連絡、予約等はすべてFAXのみ)
定休日
営業時間 特別拝観あり
予約など
料金 一般:500円 中高生:300円 小学生:無料(保護者同伴)
席数
駐車場
創建年 応永年間(1394年〜1428年)
ウェブサイト http://www.reigenin.jp/

▼地図とアクセス

 

▼謂れ

HPより

京都最古の禅宗寺院として名高い建仁寺。その境内南東に位置する建仁寺塔頭寺院・霊源院は、応永年間(1394年〜1428年)、龍山徳見和尚を勧請開山として、その弟子である一庵一麟によって創建されました。鎌倉時代末期から室町時代にかけ、京都五山と鎌倉五山の禅僧たちによって栄えた漢文学・五山文学の最高峰寺院とされた霊源院。「建仁寺の学問面」の中核を担ったこの寺院から、室町時代の五山派を代表する学僧が数多く輩出されました。

▼御朱印

■訪問日:

▼訪問履歴

■訪問日:2019年06月09日

2019年6月9日に訪問しました。

京都東山は今にも雨が落ちてきそうなどんよりの天気です。

梅雨らしい空です。

建仁寺は京都五山のの一角をなす歴史あるお寺で、こちらはその塔頭になります。

梅雨といえばあじさいです。

こちらのあじさい一風変わっております。

ガクアジサイの変種アマチャ(甘茶)と言われています。

独特の咲き方が妙に可愛らしく見えます。

梅雨時期のきれいな色合いはなんとも心落ち着きます。

特別拝観において鑑賞することができます。

雨に美しい甘茶、ぜひ一度見ていただきたいです。

 

▼最後に

もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

訪れた都道府県

46 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

訪れた場所

46 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!