鍵善良房~四条花見小路、くづ切りの名店にて休日の朝の一時~【食べ歩き・京都市(京都)】

  • 2020/10/18
  • 鍵善良房~四条花見小路、くづ切りの名店にて休日の朝の一時~【食べ歩き・京都市(京都)】 はコメントを受け付けていません

▼鍵善良房

~四条花見小路、くづ切りの名店にて休日の朝の一時~【食べ歩き・京都市(京都)】

▼お店の外観

▼撮影日:2020/10/10

 

 

▼お店の内観

▼撮影日:2020/10/10

▼メニュー

▼撮影日:2020/10/10

 

▼お店情報

 

お店の名前 鍵善良房
住所 京都府京都市東山区祇園町北側264
電話番号 075-561-1818
定休日 月曜日(※祝日の場合は翌日)
営業時間 <菓子販売>9:00~18:00

<喫茶>9:30~18:00(L.O.17:45)

※コロナの影響でそれぞれ30分遅れでの営業開始、喫茶は17:00まで。

予約など 予約不可
クレジットカード カード可
席数 62席
駐車場 無し
開店日 1726年
ウェブサイト https://www.kagizen.co.jp/

▼地図とアクセス

 

▼お店の雰囲気

手前が販売所、奥が喫茶スペースになっています。

落ち着いた雰囲気の開放感のある喫茶室です。

 

▼いただいたもの

いただいたもの 価格 訪問日 備考
くずきり(黒蜜) ¥1100- 20/10/10
くずきり(白蜜) ¥1100- 20/10/10

 

 

▼訪問履歴

■訪問日:2020年10月10日

2020年10月10日に訪問しました。

台風の影響でしとしと雨の京都です。

気温も低く肌寒さを感じます。

さて、初訪問になります。

京都のくづ切りの名店です。

江戸時代創業の老舗の味を堪能しにやってきました。

四条花見小路のほど近い、場所にお店はあります。

大きな小豆色ののれんが目印です。

私は黒蜜、妻は白蜜でいただきます。

2段重ねの器で登場です。

上が密、下がくづ切りになっています。

氷の中にきしめんのように平たく細長いくづ切りです。

なんとも心地良いモチモチ感、弾力があり、食べごたえがあります。

黒蜜の濃厚な味わいに合います。

そのまま食べて味の変化を楽しむのもいいかもしれません。

途中で妻と交換して白蜜でも頂きました。

こちらは黒蜜に比べるとあっさりしています。

好みが分かれるところかと思います。

私は両方で味を楽しみたいと思いました。

見る以上にボリュームが有り、妻も私もお腹いっぱい

老舗の味を存分に堪能しました。

美味しい味わいにただただ感動です。

ごちそう様でした。

 

もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

訪れた都道府県

45 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!