末廣軒~京都の夏越の祓を2日後に控え美味しい水無月と葛万寿をいただく~【食べ歩き・京都市(京都)】

  • 2020/7/1
  • 末廣軒~京都の夏越の祓を2日後に控え美味しい水無月と葛万寿をいただく~【食べ歩き・京都市(京都)】 はコメントを受け付けていません。

▼末廣軒

~京都の夏越の祓を2日後に控え美味しい水無月と葛万寿をいただく~【食べ歩き・京都市(京都)】

▼お店の外観

▼撮影日:2020年06月28日

 

 

▼お店の内観

▼メニュー

▼撮影日:

 

▼お店情報

 

お店の名前 末廣軒
住所 京都府京都市中京区蛸薬師通大宮東入畳屋町407
電話番号 075-841-1048
定休日 毎月6日・16日・26日
営業時間 8:00~18:30
予約など 予約不可
クレジットカード カード不可
席数 テイクアウトのみ
駐車場 無し
開店日
ウェブサイト

▼地図とアクセス

 

▼お店の雰囲気

レトロな雰囲気がおいしい

 

▼いただいたもの

いただいたもの 価格 訪問日 備考
葛万寿 2020/06/28
水無月 2020/06/28

 

 

▼訪問履歴

■訪問日:2020年06月28日

2020年年6月28日に訪問しました。

黒門蛸薬師を西へ向かうとすぐにお店は見えてきます。

今日は神社の周辺を歩いた折に、夏越の祓いの準備を進めているのを見ることができました。

今年は6月30日とのことです。

京都では昔からこの時期に水無月をいただく習慣があります。

私も京都に来て、結婚をしてから、妻に教わりつつ和菓子の教養を少しづつ身に着けている最中です。

「夏越祓(なごしのはらえ)」、「夏越祓」は「水無月の祓い」とも呼ばれ、1年折り返しの6/30に

半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事です。京都では多くの神社で茅で作られた輪を見ることができます。

水無月はこの神事に関りがあり

水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味をもちます。

三角の形は暑気を払う氷を表しているのだとか。

早、1年の折り返し、コロナのご時世、世界に平和が戻りますように。

おいしい水無月と涼しげな葛万寿をいただきました。

どちらもおいしい和菓子です。

京都の季節ごとの和菓子をいただくのが好きな我々夫婦でした。

 

 

もっつもっつ

投稿者プロフィール

もっつです。
京都在住の40代男性です。
自分の日々の出来事をINDEX化しつ
京都を中心とする関西の情報や
出張先の情報を情報を発信しています。

休日の食べ歩き、日々のランニング、読書や寺院巡り
街歩きは1つのLIFE WORKです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ更新日

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

訪れた都道府県

45 都道府県を訪れました。
WordPressPlugin
The Japan

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る

This site is protected by wp-copyrightpro.com

error: Content is protected !!